スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

胃カメラ

去年の秋ごろから、食欲不振と体調不良で体重も落ちてしまったので、
胃カメラで検査することになり、今朝受けてきました。
帰って来てから、2時間寝てました。

ここ2,3年の体重からすると、6~7キロくらい落ちたので、
きつかった服が余裕になりました(笑)
まぁここ何年か太っていたので、ガリガリになったわけじゃないですけどね。

でも、一気に痩せると、良い事全然ないですね。
まず、寒い。(もともと寒がりなのに余計に寒くてカイロ貼りまくり。)
そして、顔がしわだらけ。(一気に老けた感じになりました。)
あと、体力が落ちました。

胃カメラの検査では、潰瘍とかポリープは無く、
萎縮性胃炎、びらん性胃炎、表層性胃炎になっているそうです。(胃炎っていろいろあるのね)
要するに、胃炎。たぶん神経性胃炎との事。
胃炎なら薬で治るので、大事でなくて良かった。

実は、去年の1月から自律神経の乱れで、不定愁訴に悩まされ病院に通っています。
頭痛、めまい、不眠、胃痛、お腹の張り、肩こり、動悸、息切れと、日によって症状はいろいろ。
一番最初に悩まされて病院に行くきっかけとなったのは、味覚障害でした。
これは3~4か月で治りましたが、何を食べても油っぽい味しかせず、味の濃さも分からなかったので、
家族の食事を作るのも、苦労しました。
私は、気持ち悪くならないものを無理やり食べるって感じでしたね。

この味覚障害に陥った後に、主人に大きな病気が見つかり、食事の管理(カロリーとか塩分とか)
をしないといけなくて、非常に苦労しました。
計量スプーンで調味料を計り、なんとなくの今までの感覚で料理し、誰かに味見をしてもらう
といった感じで料理していました。
主人の病気は難病といわれる心臓の病気。なので、必死でしたね。
自分の事にかまってる暇がなくて、がんばらなくちゃって思ってるうちに、味覚が戻ったって感じです。

去年1年は、予想外に起きた主人の通院と3度の入院で、主人は仕事をセーブしなきゃならなかったし、
当然のことながら、ライフスタイルも変わり、バタバタの1年でした。
主人の病気が完治することのない病気だけに、考えるさせられることも多くて、悩みましたね。
そんな中、仕事と家事をしながら、やっと生活が落ち着いてきたところで、どっと疲れが出たのかな?!
と、思っています。(ストレスって馬鹿に出来ないですね。)

自律神経の乱れって、よく耳にしますよね。
実際乱れると、本当に大変です。何か他の病気?って心配になるくらいです。
味覚障害は治りましたが、他の症状はまだあるのでまだ通院しています。
私の場合は、何種類かのお薬をもらって、対処しています。

もし、不定愁訴に悩まされている人がいたら、内科か診療内科に行ってみてください。
少しは、緩和されますよ。



しばらくの間、少し肩の力を抜いて休める時に休んで、ゆっくりペースに、
切り替えて、まずは体調を整える事を心がけようと思います。

今年42歳。7の倍数。なんかのCMで気を付けるように言ってたなぁ(笑)















[ 2014/02/06 15:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。